プリザーブドフラワー加工液 作成液 「一液くん」は アリスで プリザーブドフラワー液なら「一液くん」で決まりです。 スーパー一液くん プレミアム一液くんもございます。 

フラワーギフト 通販

My Yahoo!に追加

Add to Google

商品検索 商品カテゴリー おすすめ商品 売れ筋商品
by



プリザーブドフラワーとは

一液くん

プリザーブドフラワーとは
 プリザーブドフラワーの「プリザーブド (preserved)」とは、“保存された” という意味があり、「長期保存できる花」という意味になります。

 プリザーブド加工された生花は、その花がもつみずみずしさや風合いを長期間保つことのできる花に生まれかわり、まさに奇跡のお花となります。

 プリザーブド加工の工程では、アルコールを主成分とした薬品を用い、生花の色素と水分を取り除き,プリザ液を浸透させその後、乾燥させて完成させます。

一液くん 薔薇 青  生花でいちばん美しいときにプリザーブド加工をしますので、美しい状態のままの姿かたちで生まれ変わります。

 プリザーブド加工することにより、生花と同じような色合いと、とてもみずみずしい質感と柔らかな感触を数年以上保つことができます。

 また、着色加工をすることにより、自然界には存在しない色も作り出すこともできます。

 まさに世界にひとつしかない、オリジナルの花を作り出すことができます。

 1970年代、生花をそのままの状態で保存するというこのプリザーブドフラワーの研究が開始され、ドイツのブリュッセル大学とベルリン大学、そしてフランスのベルモント社の共同研究として着手されました。

1991年にはベルモント社がプリザーブドフラワーを作るためのプリザーブド加工技術の国際特許を取得し、その2年後に日本へと上陸したのです。

以降プリザーブドフラワーは徐々に愛好者を獲得し、それに伴って人々のプリザーブドフラワーへの関心はどんどん高まっています。

 パリやロンドンのフラワーアーティストに取り上げられ、瞬く間にヨーロッパ各地に広まりました。フランスやイギリスなどのヨーロッパ諸国、日本、アメリカでは、ディスプレイ、ギフト、ウェディングブーケとしても愛用され、定着してきています。

 バラだけではなく、カーネーション、ラン、アジサイなどの花、またグリーンも種類が増えています。

 プリザーブドフラワーの寿命は、保管される環境によってかなり違います。ヨーロッパでは10年近く楽しめると言われますが、湿度の高い日本では上手に保存して2,3年かと思います。

 もちろんそのまま飾ることもできますが、アクリルケースに乾燥剤と共に入れる、直射日光に当てないなどの工夫をすると長持ちします。

RSSATOM